文字縮小 標準文字 文字拡大
茨城沖縄県人会へようこそ
会の紹介 カレンダー 三線 エイサー 琉球舞踊 とっておきの話し ゆんたく掲示板

茨城沖縄県人会
茨城沖縄県人会へようこそ



HP管理者交代により、2月より更新を停止しています。
新しいHPは近日公開予定です。お楽しみに





県人会からのお知らせ(イベントなど)


山内昌也先生三線教室 生徒募集のお知らせ


本場沖縄より野村流師範の先生を迎えての 三線教室が月に一回開催されています。茨城県人会の内外を問わず多くの方々に参会していただければと思います。


講  師: 山内昌也 先生
(野村流音楽協会師範および琉球古典音楽湛水流保存会師範。沖縄県立芸術大学準教授。)
曜  日: 月1回。先生との調整により毎月変動する為、お問い合わせ下さい。
時  間: 15:00〜17:00
場  所: つくば市内交流センター
諸経費: 一般の方は、2500円/回
県人会会員は、2000円/回(一般との差額は会より負担)

※日時に関して、変更の可能性がありますのでご了承ください。



会報誌への広告掲載のお知らせと募集


  茨城沖縄県人会では年に1度、会報紙『いばらき ウチナー』を発行しており、県人会会員をはじめ、関係者、関係機関、茨城県および沖縄県内の市町村役場などに配布しております(全 400部)。
次回 、第18号の発行は平成26年4月を予定となります。会報誌への広告掲載(スポンサー)を募集しております。 価格などの詳細は、問い合わせ先窓口までお問い合わせください。
法人または個人経営の別、沖縄への関係のあるなしなどは問いませんが、公序良俗に反するもの 、危険性の高い物、その他違法性の高い物品を取扱う広告は、お断りさせて頂く場合がございます。 ご了承ください。



                  since 2004.3.25





茨城沖縄県人会について


 当初、茨城に住む沖縄に出身者が、郷土を懐かしみユンタクー(語り合い)している内に、「郷土から遠く離れて一生懸命内地で生活しているウチナーンチュの情報交換の場を作ろう!」と、平成8年に茨城にすむ沖縄県人の会、茨城沖縄県人会が生まれました。  それからユンタクー(語り合い)じゃ物足りなくなり、郷土沖縄の芸能を遠く離れた茨城の地でも楽しみたいと、サンシン(三線)、エイサー、琉球舞踊も始まりました。
しばらくすると、沖縄出身者だけでなく、内地の方々も一緒に沖縄芸能に参加してくれる様になり、現在では賑やかに200家族近くになりました。

別に、ウチナーンチュで無くても、誰でも良いさ〜ね。一緒に楽しんでくれれば良いさ〜♪
一人より二人が寂しくないさぁね〜。二人より沢山がもっと寂しくないさぁね〜。
イチャリバ・チョーデー!(出会えば、兄弟)

ユイマール!(助け合い)
の心をもって
ウチナーンチュ・ナイチャー・ムル・クマンカイ・ユティクー・トゥムニ・アシバ
(沖縄人も内地の方もみんな寄ってきて一緒に楽しみましょう)



三線会について


 当初は、集まったは良いけど、どーして良いんだか分からない。サンシン(三線)もってのユンタクー(語り合い)の会から始まりました。あーでもないこーでもないとしているうちに、少しづつ人が集まりそのうち先生も現れました。 こうして三線会ウタアシバー(唄遊人)が誕生しました。 現在、毎週木曜日に主に茨城県南地区と県西地区を対象に、島名交流センター(つくば市島名)に集まり唄い合わせを行っています。
 また、月に一度沖縄から先生に招き、つくば市内交流センターを利用して特別稽古もしていただいています。 現在沖縄に住む先生から、唄三線の技術だけでなく沖縄の空気を受け取って頂けると良いかな〜と思っています。

※県南地区:つくば市、つくばみらい市、土浦市、取手市、守谷市、龍ケ崎市、牛久市、石岡市、稲敷市、かすみがうら市、阿見町、河内町、美浦村、利根町
※県西地区:古河市、桜川市、下妻市、常総市、筑西市、坂東市、結城市、五霞町、境町、八千代町

エイサーについて


 当初は、周囲のエイサー経験者の方々に、ご協力して頂いて練習が始まりました。皆様のご協力のおかげで、現在では沖縄県人会の色(オリジナル振り付け、そして更なる進化を続ける)を出すことができました。 練習は、茨城県南地区・県西地区グループと県央北グループとに別れていますが、イベントは全体で協力しあい対応しています。
エイサー隊(海輩)は、年齢層が約5歳〜50代までいます。茨城沖縄県人会・芸能部の中で、家族で楽しめる和気藹々としたグループとなっています。
そこが
エイサー隊(海輩)の魅力的な所なんです。

※県南地区:つくば市、つくばみらい市、土浦市、取手市、守谷市、龍ケ崎市、牛久市、石岡市、稲敷市、かすみがうら市、阿見町、河内町、美浦村、利根町
※県西地区:古河市、桜川市、下妻市、常総市、筑西市、坂東市、結城市、五霞町、境町、八千代町
※県央北地区:水戸市、ひたちなか市、笠間市、小美玉市、城里町、茨城町、大洗町、日立市、ひたちなか市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、常陸大宮市、那珂市、東海村、大子町

琉球舞踊について


 当初、舞踊大好きなメンバーが揃い、ビデオを見て見様見真似で踊りを覚えたそうです。ビデオは、足元が映っていなかったりと踊りを覚えるには、大変難しいものだったと思います。その中で何とか形(琉舞の会:彩風)にしていったのですから、先輩達はすごいです。 先輩方が去った後、プロの先生の助けを頂いたこともあり、当初踊り手だけだったのが現在では踊り手のほかに地謡が居ます。 踊りの幅や深さは、少しだけ出てきはじめた思うのですが、何せ踊り手が少ないのが問題点。やってみたいと思う人居ないかな〜と考える毎日です。
練習は、茨城県南地区で小野川交流センター(つくば市館野)を利用。 県央北地区では、月に一回、水戸周辺でやっています。

※県南地区:つくば市、つくばみらい市、土浦市、取手市、守谷市、龍ケ崎市、牛久市、石岡市、稲敷市、かすみがうら市、阿見町、河内町、美浦村、利根町
※県西地区:古河市、桜川市、下妻市、常総市、筑西市、坂東市、結城市、五霞町、境町、八千代町
※県央北地区:水戸市、ひたちなか市、笠間市、小美玉市、城里町、茨城町、大洗町、日立市、ひたちなか市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、常陸大宮市、那珂市、東海村、大子町


更 新 履 歴